有限会社 前田商会

24時間受付対応 092-922-2831

炎のある安心ガスライフ

  • HOME
  • >
  • LPガスはエコ

LPガスはエコ

LPガスは現在、私たちのかけがえのない地球が直面している地球温暖化や酸性雨そしてオゾン層の破壊といった環境問題にも対応して、一般家庭や産業用、自動車燃料といった我々の生活を支えるクリーンなエネルギーとして期待されています。LPガスは地球温暖化の原因とされる(二酸化炭素)の排出量が他の化石燃料に比べて少なく、酸性雨に対しても窒素分を全く含まず、硫黄分もほとんど含んでいませんので、SOx(硫黄酸化物)・NOx(窒素酸化物)対策として、有効なエネルギーといえます。また、オゾン層の破壊につながる特定フロンに代わる物質として、ほとんどの分野でエアゾール用としてLPガスが使用されています。

LPガスの基礎知識

容器の中に入っているLPガスが実は液体だということをみなさんはご存知でしたか?LPガスは石油ガスを液化したもので、液化石油ガス(Liquefied Petroleum Gas)と呼ばれています。この頭文字を取ってLPG=LPガスといいます。
LPガスは統計のうえでは、石油製品に分類されています。主成分は、炭素と水素が結合したもので、プロパンとブタンです。家庭で使われているLPガスをプロパンガスと呼んでいるのは、家庭・業務用のLPガスの成分にプロパン成分が多く含まれているからです。
LPガスは簡単に液体になるという性質があります。液体にすると、体積は気体の時の250分の1程になるため、大量のガスを効率よく移動することがでます。

LPガスの特徴

LPガスは本来無色・無臭です。しかし、ガスが漏れた時すぐに気づくよう、タマネギの腐ったような臭いがつけられています。このにおいの成分は、ガスが燃焼すると無臭になるので、LPガスが正しく使われている限りは臭うことはありません。
 
 昭和4年8月。霞ヶ関飛行場に降り立った、世界一周旅行中の、ドイツの大型飛行船ツェッペリン伯号の推進燃料としてLPガスが使われていました。このとき、アメリカから取り寄せた補充用の燃料が、日本に登場した初めてのLPガスだといわれています。
 
LPガスは家庭用燃料だけでなくさまざまな分野で貴重なエネルギーとして利用されています。
1.タクシー中心に自家用車、トラック、フォークリフトなどの燃料に
2.食品加工、塗装乾燥、窯業、金属加工など工業用として
3.海苔や煮干しの乾燥など漁業用やハウス、畜産用等農業用として
4.化学原料、ガス燈、熱気球、オリンピックの聖火など

 
 
 






NORITZNORITZ

NORITZNORITZ

上記をクリック!!